KIRAMEKI Orthodontic Clinic

強く、鋭く、
専門性を磨く。

世界で求められるインビザライン
という「武器」を手に入れる。

世界で求められる
インビザラインという
「武器」を手に入れる。


世界で900万人が選んだ

「インビザライン矯正」


ご存知のように歯科医院は飽和状態。
いまやコンビニより多く、歯科医師の数は全国で10万人を超えています。そんな時代に生き残るためには、他と差別化できるビジョンが必要です。

そこで、私が極めてきたのが「インビザライン矯正」。
最新の歯科矯正理論と、米国アライン・テクノロジー社独自の3次元画像化技術やCAD/CAM(光造形)などの最先端技術を融合させた、新しいアプローチの歯科矯正治療システムです。世界で累計900万人が治療を受け、患者数も爆発的に伸びています。私自身もある患者様がきっかけでインビザラインと出会い、矯正の概念が覆され、その技術に惚れ込み、研究するためだけのオフィスを立ち上げたほど。きらめき矯正歯科クリニックも、子どものインビザライン矯正に特化して、多くの患者様に愛されるクリニックとなっています。

単に経験を積むだけでは将来の見通しが立ちにくい時代。
このインビザラインの技術を磨くことが、歯科医としてのキャリアパスを切り拓く「武器」となるのです。



世界有数のドクターのもとで

実践的に学ぶ。


これほどまでに世界的に需要が高まっているインビザライン矯正。海外の大学では講座が開設され、矯正治療としてメジャーであるにも関わらず、日本の大学ではさまざまな規制に阻まれて、 ほとんど学べる場がありません。

そこで、提案したいのは、きらめき矯正歯科クリニックで歯科医として経験を積みながら、技術を学ぶという道。これまでインビザライン1600症例(2021年3月現在)を手掛け、2017年から5年連続 「ダイヤモンドステータス ※1を取得、2021年からはファカルティ ※2認定もされている私が実践的に指導します。

インビザライン矯正技術はもちろん、小児歯科学、矯正学の基本から、実際の症例に触れながら、専門性の高い歯科医として成長を遂げられる。
「強く、早い開業」に向けての準備期間です。

※1 年間150症例以上の実績を評価され、日本でも保有するドクターは10人未満という希少なステータス

※2 日本では15名しかいないインビザラインの公式認定講師





専門性を磨き、

「強く、早い開業」を。


これまでにきらめき矯正歯科クリニックから巣立ち、開業したドクターは10人以上。
全員が、研修医から3~6年ほどで開業していますから、一般的な事例に比べればかなり早いはず。配偶者の包括歯科診療に自身のインビザライン矯正技術をプラスして差別化を図るケースも多いですね。

少子化ということで、「子ども専門」への懸念もあるかもしれませんが、私はそうは思いません。むしろ富裕層であるほど、一人あたりの子どもの教育や健康に投資する資金は増えています。歯並びは心身の成長にも影響を及ぼすため、幼い頃からの歯科矯正への関心は高まり、きらめき矯正歯科クリニックでも患者様数を維持し続けています。

やみくもに開業しても、将来が不安なだけ。
大事なのは「需要のある分野」で技術を尖らせることです。強く、鋭く、専門性を磨く。自分だけの「武器」を持つことが、この時代の荒波を乗り越えていく羅針盤となるのです。

もちろん開業が不安であれば、きらめき矯正歯科クリニックで、副院長そして院長とステップアップしていくこともできます。
また、子どもの矯正を学んだ後、系列の「アラインクチュールデンタルオフィス」で大人のインビザラインを学ぶことも可能です。

Profile

主任ドクターのプロフィール

竹内 敬輔

医療法人きらめき理事長
インビザライン公式認定ドクター
(米国アライン・テクノロジー社認定)

竹内 敬輔

医療法人きらめき理事長
インビザライン公式認定ドクター
(米国アライン・テクノロジー社認定)

矯正歯科関連の所属団体

日本矯正歯科学会/日本成人矯正歯科学会/日本舌側矯正学会

近畿東海矯正歯科学会/咬合育成研究会/日本小児歯科学会/日本歯科医師会

経歴

  • 1994年4月
  • 愛知学院大学歯学部入学
  • 2000年3月
  • 歯学学位取得
  • 2001年4月
  • 北海道こども歯科矯正歯科勤務
  • 2004年9月
  • 竹内小児歯科矯正歯科院長就任(2008年3月退任)
  • 2007年12月
  • 医療法人きらめき理事就任
  • 2008年4月
  • 小児歯科・矯正歯科きらめきデンタルクリニック 院長就任 (2018年3月退任)
  • 2012年10月
  • 医療法人きらめき理事長就任
  • 2015年4月
  • アラインクチュールデンタルオフィス名古屋 主任ドクター就任
  • 2015年5月
  • KIRAMEKI dental land設立
  • 2018年4月
  • きらめき矯正歯科クリニック 主任ドクター就任
  • 2019年4月
  • 医療法人社団ふくろう会アラインクチュールデンタルオフィス東京 主任ドクター就任

インビザライン関連の公演実績

  • 2018年11月23日
     
  • アライナー医療研究会(昭和大学)
    「過蓋咬合における抜歯矯正」
  • 2019年5月12日
     
  • インビザラインスタディクラブ(大阪)
    「インビザライン・システムにおける成長過程の患者の治療」
  • 2019年6月20日
     
  • インビザラインスタディクラブ(東京)
    「インビザライン・システムにおける成長過程の患者の治療」
  • 2019年9月12日
     
  • インビザラインスタディクラブ(名古屋)
    「インビザライン・システムにおける成長過程の患者の治療」
  • 2019年10月27日
     
  • Invisalign THE MEETING(雅叙園東京)
    「インビザライン・ファースト」
  • 2019年10月31日
     
  • Diamond Study Club for Invisalign(東京)
    「クラシカルな1級非抜歯症例」
  • 2018年11月12日
     
  • インビザラインスタディクラブ(大阪)
    「インビザライン・システムにおける成長過程の患者の治療」
  • 2020年2月23日
     
  • Invisalign South Asia Forum(タイ)
    「Invisalign for Growing Patients」
  • 2020年5月17日
     
  • インビザラインスタディクラブ(オンライン講演)
    「インビザラインFirstの適用症例」
  • 2020年9月17日
  • インビザラインブートキャンプ
  • 2020年11月19日
  • インビザラインブートキャンプ